玄関

Before
玄関の上がり框の昇降や靴の着脱時、掴まるものがなく不安定な状態でした。
After
高さの違いに対応できるL型手摺りを設置しました。ドアの開閉時にも役立ちます。

トイレ

Before
便座の立ち座りの際は、紙巻器で体を支えていてとても危険でした。
After
使いやすい位置に手摺りを取り付けることで、身体が安定し安全になります。
Before
開き扉の開閉は、体重移動のためバランスを崩しやすく危険です。
After
扉のすぐ脇に手摺りを設置し、安定して扉の開閉が行えるようになりました。

浴室

Before
浴槽の立ち座り時はふらつきやすく、蛇口を掴んだりして危険でした。
After
浴槽につかっている時でも掴みやすいL型手すりで、安全で楽になりました。
Before
浴槽をまたぐ時や浴室から出る時は、体を支えるものがなく危険でした。
After
L型手摺りの設置により、浴槽から上がって浴室を出る動作が楽になりました。