玄関〜廊下

Before
玄関扉の開閉時はバランスを保つのが難しいため、支えるものが必要でした。
After
使用されるご本人の動作を確認しながら、最適な位置に手摺りを設置しました。
Before
廊下移動時は、壁に寄りかかりながら身体をずらしている状態でした。
After
連続した手摺りを取り付けることで、移動がスムーズで楽になりました。
Before
廊下移動時は、壁に寄りかかりながら身体をずらしている状態でした。
After
手摺りの設置により移動が楽になっただけでなく、段差も安全に越えられます。

トイレ

Before
便座の立ち座り時、周りのものに掴まって更にバランスを崩すことがあり危険でした。
After
適正な手摺りを取り付ける事で、確実に身体を安定させることができます。

階段

Before
階段に掴まるものがないため、壁についた手をずらしながら昇降していました。
After
連続して手摺りをつける事で、安全に昇降できるようになりました。
Before
階段を上りきった所に支えるものがないため、不安定になりやすく危険でした。
After
廊下に手摺りを設置することで、階段を上って部屋に行く動作が楽になります。
Before
部屋の中は掴まるには不安定なものが多く、しっかりと支えられるものが必要でした。
After
動線上に手摺りを設置することで、安全に移動できるようになりました。
Before
階段に掴まるものがないため、壁についた手をずらしながら昇降していました。
After
連続して手摺りをつける事で、安全に昇降できるようになりました。
Before
壁に手をついての移動は、近くに階段の降り口がありふらつくと危険でした。
After
しっかりと身体を支えられる手すりを設置し、安全に移動できるようになりました。
Before
階段の降り始めや昇り終りはバランスを崩しやすく、支えるものがないと危険です。
After
高さの違いに対応できる縦手すりを設置することで、姿勢が維持できて安心です。
Before
階段に掴まるものがないため、壁についた手をずらしながら昇降していました。
After
連続して手摺りをつける事で、安全に昇降できるようになりました。
Before
出入口の段差が大きいため、支えるものがないと転倒の危険が高まります。
After
高さの差に配慮し長めの手摺りを設置しました。物を持っての出入りも楽になります。