階段

手すり取り付け前の壁の状態です。壁面に梁型が出ており少しですが段差が付いています。
壁面の段差は、金物を使用して調整を行います。連続して手すりがある状態で設置します。

手すり取付け前の状態です。階段の踏み板もワックスが掛かって滑りやすい状態でした。
手すりの最後は下にまげて袖掛かりを防止して、階段の踏板には滑り止めを設置しました。

階段を上がった所にすぐ扉があるので、降りるときはとても注意が必要になります。
階段を降りる時につかまりやすいように、扉を開けてすぐの所に棒手すりを設置しました。



 
   
 
     
 
   

 
   
 
     
 
   
 
   
 
     
 
   

 

 

トイレ

トイレ正面の壁に何もつかまる所が無く、立ち上げる動作にとても苦労していました。
つかみやすい位置に手すりを取り付ける事で、今までよりもスムーズに立ち上がれます。

便器に座った状態からの立ち上がる動作は、下肢麻痺の状況ではとてもつらい状況です。
壁の下地位置が収納に近すぎたたため、金物により収納から離れるように設置しました。
 
   
 
     
 
   
 
   
 
     
 
   

 

 

浴室

手すりを取付ける前の浴室です。壁は昔のタイプのタイル張りの浴室です。
身体の状態から浴槽の出入りを検討して、安心して入浴できるように手すりを設置しました。

浴室の洗い場用椅子への上下動作の際に、つかまりやすい位置に手すりを設置します。
窓枠部分に手すりを取付け、昇降時につかまりながら動作が行えるようにしました。