階段

 
   
 
     
 
   

手すり取り付け前の壁の状態です。壁面がフラットではないので調整が必要になります。

手すりを取付けた後の状態です。下地のベースを固定して、手すりを設置します。

 
   
 
     
 
   

手すり取付け前の階段上がりきり部分です。ここも壁に段差がありますので調整します。

手すりのベースを通しても、壁に段差がありますので調整材をベースに挟んで固定します。

 
   
 
     
 
   

手すり取り付け前の壁の状態です。階段の勾配が変わる部分です。

手すりがきちんと連続するように、金物を使用して取付を行って行きます。


トイレ

 
   
 
     
 
   

既存のトイレが和式のため、バランスが取りづらく立ち座りの動作が不安定でした。

正面右側に手すりを設置し、下地の関係で金物を一つ増やして安全に固定しました。


浴室

 
   
 
     
 
   

改修前の浴室は段差があり、内開きのドアだったため出入りが大変でした。

改修後は脱衣室とフラットにして、浴室への出入りがしやすくなりました。

 
   
 
     
 
   

浴槽の横には入浴中の身体保持の為と、座る際に使用する位置に手すりを設置しました。

浴槽からの出入りを安全に行えるように、出入り口部分にも手すりを設置しました