廊下

 
   
 
     
 
   

開き戸は開閉の際に立ち位置の移動が伴うので、姿勢が不安定になり危険です。
安定して開閉が行なえる引き戸に変更しました。わずかな力で開閉できます。

 
   
 
     
 
   

トイレや浴室など水廻りは開き戸が多く、扉を開けるスペースも必要でした。

引き戸は開け放していてもスペースを取らず、移動の邪魔にもなりません。


浴室

Before
浴室には20cmほどの段差があり、つまづきやすく危険でした。
Before

浴槽が浅く狭いため、ゆったりとつかることができませんでした。
Before

浴室も水道管などに配慮しながら、丁寧に解体していきます。
Before
浴室には20cmほどの段差があり、つまづきやすく危険でした。
Before

浴槽が浅く狭いため、ゆったりとつかることができませんでした。
Before

浴室も水道管などに配慮しながら、丁寧に解体していきます。
Before
水廻りは使いやすい動線を考慮して入れ替えるため、柱を残して全て撤去します。
Before
土台の補強や柱の移設を行い十分な強度を確保してから、床を張っていきます。
After
将来の車椅子利用も考慮した、使いやすい動線や空間に生まれ変わりました。
After
扉を引き戸にする事で使いやすく、開いた扉が邪魔になりません。
After
浴室は脱衣室と段差がなくフラットで、間口も広くなりました。
After
浴槽内の取っ手は、滑って沈んでしまう危険を回避してくれます。。
After
あらゆる場面でサポートできるよう、手すりを複数設置しています。

トイレ

 
   
 
     
 
   

トイレの便座の立ち座り時、つかまるものがなく不安定な状態でした。

手すりを複数設置し、扉も引き戸にして安全で使いやすくなりました。