トイレ

Before
トイレ便座の立ち座り時につかまるものがなく、不安定な状態でした。
After
使用されるご本人の動作を確認しながら、最適な位置に手摺を取り付けました。

階段

Before
階段を下りきった時はバランスを崩しやすく、壁に手をついて身体を支えていました。
After
階段の先まで手摺を設置する事で、体勢を整えられるようになりました。
Before
階段のコーナー部分は階段幅が異なるため、つまづく危険が高くなります。
After
安定して曲がれるよう、階段の勾配に合わせて丁度良い高さに手摺を設置しました。
Before
ご使用者の身体状態から手摺を掴む手が決まっているため、両側に手摺が必要でした。
After
階段の両側に手摺があると利き手や身体の状態にも対応しやすく、より安心です。
Before
踊り場には手摺がなく不安定な状態でした。
After
手摺をつなげて設置することで、安定して昇降できるようになりました。
Before
階段の下り始めで踏み外すと大変危険ですが、支えるものがありませんでした。
After
階段の少し手前まで手摺を設置することで、安心して下り始めに備えられます。
Before
U字型の階段は、内側の階段幅が狭いため踏み外しやすく大変危険です。
After
どの段にいてもしっかりと握れるよう、長めの手摺を取り付けました。
Before
階段の昇降時に身体を支えるものがなく、大変危険な状況でした。
After
手摺を設置することで、ご家族全員が安心して昇降できる階段になりました。