トイレ

Before
便座への立ち座り時、つかまるものがなく不安定な状態でした。
After
手すりをL字に設置する事で、座る時も立ち上がる時も楽になりました。
Before
トイレ内部からドアを開閉する際、身体を支えるものがない状態でした。
After
ドアのすぐ脇に縦手すりを設置して、力を入れやすくしました。

浴室

Before
浴室は濡れていて滑りやすいので、つかまるものが無いととても危険です。
After

ドアから浴槽までスムーズに移動できるよう、連続して手すりを設置しました。
Before
浴室のドア開閉時は、足に力が入って更に滑りやすくなるため危険です。
After
ドアの横の縦手すりと、体を洗って立ち上がる際の横手すりを設置しました。
Before
浴槽への出入りは片足ずつ行なうので滑りやすく、支えるものがないと危険です。
After
つかまりやすい位置に縦の手すりを設置して、安全性を高めました。

階段

Before
階段の既存の手すりは、途中途切れていて使いにくく危険な状態でした。
After
位置が低すぎたため、金物を取り替えて手すりがつながるよう設置しました。
Before
手すりの先端が袖口などに引っかかりやすく、危険な状態でした。
After
手すりの先端が壁側に折れる金具を取り付け、引っ掛かりを防止しました。

浴室

Before
窓枠部分に手すりを取付け、昇降時につかまりながら動作が行えるようにしました。
After
浴室の洗い場用椅子への上下動作の際に、つかまりやすい位置に手すりを設置します。
Before
浴室から脱衣室への出入り口には段差があり、現状はタオル掛けにつかまっていました。
After
脱衣室への出入りを行いやすいようにする為と、浴槽への出入りも考えて取り付けました。
Before
浴槽への移動の際は、補助具のグリップにつかまって出入りを行っている状態でした。
After
浴槽が深いため入浴時につかまって身体を安定できるように側面に手すりを取り付けました。